How to RPA RPAツール選び方ガイド
How to RPA RPAツール選び方ガイド » RPAの基礎知識 » RPAツールとExcelの違い

RPAツールとExcelの違い

単純作業からなる定型的な業務を自動化させることが出来、事業の効率化のための新しいツールとして近年注目を集めているRPAツール。導入を検討しているという方も多いかもしれません。

ところで、単純作業の自動化のためのツールとして、すでに多くの人々に親しまれているツールとしてはExcelのマクロ機能があります。RPAツールとExcelのマクロとでは、どのような点が異なり、また、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

RPAツールの特徴

Excelのマクロ機能と比較した場合、RPAには以下のような特徴があります。

プログラミングの知識が不要

Excelのマクロ機能を使用する際には、VBAといったプログラミング言語の習得が不可欠となります。他方、RPAツールは専用アプリケーションからユーザーインターフェースベースで操作を行うことができるため、プログラミングに関する知識が乏しい場合にも問題なく使用することができます。

使用できるアプリケーションが多い

基本的には、Excelのマクロ機能で自動化できるのは、Excel内での操作に限られます。一方で、RPAツールは、パソコン内で行われるほとんど全ての操作を自動化することができます。Excel以外のアプリケーションはもちろん、複数のアプリケーションにまたがっての操作も自動化できるのはRPAツールならではの特徴です。

マシンスペックに依存しない

Excelと異なり、RPAツールはクラウドベースでの動作が可能です。したがって、マシンスペックに依存することがなく、例えば比較的低スペックのパソコンであっても、大量のデータの処理を実行することができます。

Excelマクロの特徴

反対に、RPAツールと比較した場合、Excelのマクロ機能には以下のような特徴があります。

運用コストが安価

Excelのマクロ機能を使用するために必要なものは、Excelがインストールされている環境だけです。もしも、社内にVBAといったプログラミング言語に精通したスタッフがいる場合、スタッフの人件費のみで運用することができます。

セキュリティに優れている

クラウドベースで機能するRPAと比較すると、ローカル環境のみで動作するExcelは、当然セキュリティの観点からみれば優れていると言うことが出来ます。

RPAツールの導入が推奨される事例

上記を踏まると、以下のような状況においては、RPAツールの使用が推奨される、ということができます。

「自社の課題」で選ぶ
おすすめRPAツール3選
   
おすすめのRPAツールを「社員教育」、「基幹システムとの連携」、「コスト」の3つの課題別に選定しました。
ITに詳しくなくても、
自動化を簡単に進めたいなら
サポートが厚く、
誰でもすぐに使えるRPAツール
ROBO-Pat DX
(ロボパットDX)
ROBO-Pat DX
引用元HP:Robo-Pat DX公式HP
https://fce-pat.co.jp/advantage/
ITリテラシーがなくても使える
RPAツール

業務を直感的に置き換えることができる画面とシナリオ作成で、現場主体の運用をお助け

基本料金内で
RPA導入のためのコンサル支援

RPAツールを導入して、自社のどの業務を自動化するのか?ワークフローの整理、RPA範囲の洗い出しから取り扱い講習まで基本料金内でコンサル担当がついて 、RPA導入の伴走をしてくれます。

代えが効かない基幹システム
と連携させるなら
コストを抑えられる
プログラミング型RPAツール
Automate
(オートメート)
Automate
引用元HP:三和コムテック公式HP
hhttps://product.sct.co.jp/product/automate
豊富な自動起動トリガーと
700項目の自動化機能

豊富なトリガー機能と700項目に及ぶ自動化機能で全自動かつ複雑な処理にも対応可能

珍しい買い切り型で
ランニングコストを大幅削減

買い切り型のツールのため、ライセンス費用が掛からず、1年以上の利用と考えると割安に

個人利用・
小規模で使うなら
基本使用料無料で始められる
プログラミング型RPAツール
マクロマン
マクロマン
引用元HP:マクロマン公式HP
https://www.macroman.jp/
サポートごとに金額が発生する
基本使用料無料のツール

基本使用料は無料で、技術サポートの相談時間に応じて金額が発生。マクロを組めるくらいのスキルがあれば、コストをかけずに利用可能

予約実行も可能な
半自動RPAツール

データ入力、集積・分析、照合、メール、検索などの基本的なRPAに適した業務に対応。タスクスケジューラで半自動的に業務遂行も可能。

【選定条件】
2023年3月9日にGoogle検索にて「RPA」(232件,24ページ)と検索して企業HPが表示される28社の内
ノーコード型RPAツールの中で、唯一基本料金内で導入に関するコンサルティングを明示している「Robo-Pat DX」
プログラミング型RPAツールの中で、唯一公式HP上で買い切り型であることが確認できる「AutoMate」
唯一無料利用が可能な「マクロマン」
を選定しました。