How to RPA RPAツール選び方ガイド
How to RPA RPAツール選び方ガイド » 30種類以上から紹介!おすすめRPAツール » CELF

CELF

CELFの特徴的な機能

Excelとの親和性

CELFでは、Excelデータの取り込みが簡単に行えます。書式設定や関数についてもExcelのものが利用できるため、Excelの利便性はそのままにCELFに置き換えることが可能です。また、CELFで作成したデータは、Excelにエクスポートしてカスタマイズすることも可能です。

スクリーンショット機能

CELFでは、マウス操作を自動化する際、クリックする対象を画像から設定することが可能です。CELFにはスクリーンショット機能が備わっているため、設定を簡単に行うことができます。

スケジュール登録

CELFのRPAでは、Windowsのタスクスケジューラと組み合わせることによって、スケジュール登録することができます。これにより、設定した時間をきっかけにしてプロセスを自動実行させることも可能です。

CELFの導入事例

極東開発工業株式会社の場合

コストコミュニケーションの削減に成功

極東開発工業株式会社では、取引先を200社以上も抱えており、請求書業務が大きな負担となっていました。業務によっては丸々1か月費やさなければならなかったものもあり、これを解消するべくCELFの導入を決めました。

導入後は、3人が担当していた請求書業務の時間が各々ゼロに。また、請求業務はシステムの承認ボタンを押すだけになったため、コストコミュニケーションの大幅削減が実現しました。このほか、トータルで1人あたり20時間の業務削減につながっています。

参照元:CELF公式HP(https://www.celf.biz/case_news/kyokuto/

CELFはどんな企業におすすめか?

ローコード型RPAツールであるCELFは、現場主導でRPAツールを導入する企業におすすめと言えるでしょう。

当サイトでは、誰が使うか?でRPAツールを選ぶことで、業務効率化を推進できると考えています。

使用者のリテラシーに合わせて、おすすめのRPAツールを紹介していますので、是非参考にしてください。

誰が使うか?で選ぶ
おすすめRPAツール3選

CELFの利用者の声

エクセル感覚で使える

エクセルライクなシートを使用したローコード?ノーコード開発ツールです

エクセルと同等の関数も多数使えるため、非常に「とっかかり」やすい商材と思われます。

また、帳票もエクセル感覚で作成できるため、こちらも直感的となります。

困ったときには充実したコミュニティがありますので、こちらが助けになります。

慣れるまでは少し時間がかかりましたが、慣れてしまえば非常に使いやすかったです。

口コミ引用元:ITreview公式HP(https://www.itreview.jp/products/celf/reviews#review-162732

CELFの利用料金

初期費用 記載なし
年間費用 38,500円(税込)
※別途サービスのユーザー登録が必要となり、下記金額が必要となります。
クラウド版…19,250円(税込)/1ユーザー
オンプレミス版…15,180円(税込)/1ユーザー
保守費用 記載なし

CELFの動作環境

OS Windows® 7 SP1(32bit / 64bit) (※1)
Windows® 8.1(32bit / 64bit) (※1)
Windows® 10(32bit / 64bit)
Windows® 11(64bit)
※1 Windows7 および Windows 8.1 では構造解析による Microsoft Edge の操作はサポートされません
CPU 4 コア以上の CPU (1.8 GHz 以上)
ハードディスク 4GB RAM 以上

CELFのRPAツールタイプ

デスクトップ型/クラウド型

ローコード型

CELFの販売会社

社名 SCSK株式会社
所在地 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント
電話番号 03-5166-2500
公式HP https://www.scsk.jp/
「自社の課題」で選ぶ
おすすめRPAツール3選
   
おすすめのRPAツールを「社員教育」、「基幹システムとの連携」、「コスト」の3つの課題別に選定しました。
ITに詳しくなくても、
自動化を簡単に進めたいなら
サポートが厚く、
誰でもすぐに使えるRPAツール
ROBO-Pat DX
(ロボパットDX)
ROBO-Pat DX
引用元HP:Robo-Pat DX公式HP
https://fce-pat.co.jp/advantage/
ITリテラシーがなくても使える
RPAツール

業務を直感的に置き換えることができる画面とシナリオ作成で、現場主体の運用をお助け

基本料金内で
RPA導入のためのコンサル支援

RPAツールを導入して、自社のどの業務を自動化するのか?ワークフローの整理、RPA範囲の洗い出しから取り扱い講習まで基本料金内でコンサル担当がついて 、RPA導入の伴走をしてくれます。

代えが効かない基幹システム
と連携させるなら
コストを抑えられる
プログラミング型RPAツール
Automate
(オートメート)
Automate
引用元HP:三和コムテック公式HP
hhttps://product.sct.co.jp/product/automate
豊富な自動起動トリガーと
700項目の自動化機能

豊富なトリガー機能と700項目に及ぶ自動化機能で全自動かつ複雑な処理にも対応可能

珍しい買い切り型で
ランニングコストを大幅削減

買い切り型のツールのため、ライセンス費用が掛からず、1年以上の利用と考えると割安に

個人利用・
小規模で使うなら
基本使用料無料で始められる
プログラミング型RPAツール
マクロマン
マクロマン
引用元HP:マクロマン公式HP
https://www.macroman.jp/
サポートごとに金額が発生する
基本使用料無料のツール

基本使用料は無料で、技術サポートの相談時間に応じて金額が発生。マクロを組めるくらいのスキルがあれば、コストをかけずに利用可能

予約実行も可能な
半自動RPAツール

データ入力、集積・分析、照合、メール、検索などの基本的なRPAに適した業務に対応。タスクスケジューラで半自動的に業務遂行も可能。

【選定条件】
2023年3月9日にGoogle検索にて「RPA」(232件,24ページ)と検索して企業HPが表示される28社の内
ノーコード型RPAツールの中で、唯一基本料金内で導入に関するコンサルティングを明示している「Robo-Pat DX」
プログラミング型RPAツールの中で、唯一公式HP上で買い切り型であることが確認できる「AutoMate」
唯一無料利用が可能な「マクロマン」
を選定しました。