How to RPA RPAツール選び方ガイド
How to RPA RPAツール選び方ガイド » 30種類以上から紹介!おすすめRPAツール » RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)

RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)

Robo-Pat DXのまとめ画像

RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)の特徴的な機能

ITリテラシーがなくても使えるかんたんRPA

Robo-Pat DXは、現場で作成・運用をするために開発されたRPAツール。

WEB・システムに明るくない業務部門や事務職の方でもRPAロボを作れるよう、プログラミング要素をできる限り排除。

PCに表示される画面を認識し、人間がマウスとキーボードで操作する内容を自動化することができます。

すべてのアプリ、システムに対応

Robo-Pat DXは、人が行う作業をロボが変わりに行うRPAツールです。

そのため、人の手を介して使用されるアプリやシステムであれば、すべて操作可能。

導入したはいいが、社内開発のシステムは使えなかった。ということはありません。

充実のサポート体制

Robo-Pat DXでは、現場の方がツールを活用するために、アプリの仕様を簡単にすることと同時に、導入サポートの充実にも力を入れています。

専任のコンサルが就き、定期的に導入支援の個別支援を行い、RPAツールを利用したDX実現を伴走してくれます。

RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)の導入事例

株式会社きのしたの場合

衣料品と家具の販売を行うきのしたでは、インターネット販売において、売り上げが伸びるにつれて手が回らなくなる状況に陥っていました。「電話での問い合わせ対応」に時間を費やしたいと考えた社長は、RPAツールを利用して定型業務を効率化することを考えました。

Robo-Pat DXでは、在庫をネットショップにアップする作業やメールの情報の転記を自動化。24時間休まずに動かせることで、午前中には定型業務が終わるようになりました。

参照元:RPA Robo-Pat DX公式HP(https://fce-pat.co.jp/case/243/

RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)はどんな企業におすすめか?

ローコード型RPAツールであるRPA Robo-Pat DXは、現場主導でRPAツールを導入する企業におすすめと言えるでしょう。

当サイトでは、誰が使うか?でRPAツールを選ぶことで、業務効率化を推進できると考えています。

使用者のリテラシーに合わせて、おすすめのRPAツールを紹介していますので、是非参考にしてください。

RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)のサポート

専任のコンサルタントが、「プロジェクトの立ち上げ」から「スキルアップ」、「社内シェア」まで一貫してサポート

集合型サポート

個別サポート

「超」個別サポート

RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)の利用者の声

とっつきやすいRPAツール

ロボパット自体がとてもシンプルな作りになっており、RPAの開発を初めてされる方でも安心して覚える事ができると思います。

また、導入検討時から他社と比べてサポートの充実度が高く、環境面でも優れている。

口コミ引用元:ITreview公式HP(https://www.itreview.jp/products/robo-pat/reviews#review-154409

RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)の利用料金

公式HPに記載がありませんでした。

RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)の動作環境

OS Microsoft Windows 8.1, 10,11(32bit, 64bit 対応可)
Microsoft Windows Server 2012, 2012R2, 2016, 2019
Windows 365 クラウド PC ※RDP 接続のみ
CPU 第8 世代以降のCore-i シリーズかつ4 コア以上のCPU または同等のRyzen CPU
ハードディスク メモリ8GB以上
HHD:1GB 以上の空き容量推奨

RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)のRPAツールタイプ

デスクトップ型

ローコード型

RPA Robo-Pat DX(ロボパットDX)の販売会社

社名 株式会社FCEプロセス&テクノロジー
所在地 東京都新宿区西新宿2-4-1 新宿NSビル10階
電話番号 03-5908-1415
公式HP https://fce-pat.co.jp/
「自社の課題」で選ぶ
おすすめRPAツール3選
   
おすすめのRPAツールを「社員教育」、「基幹システムとの連携」、「コスト」の3つの課題別に選定しました。
ITに詳しくなくても、
自動化を簡単に進めたいなら
サポートが厚く、
誰でもすぐに使えるRPAツール
ROBO-Pat DX
(ロボパットDX)
ROBO-Pat DX
引用元HP:Robo-Pat DX公式HP
https://fce-pat.co.jp/advantage/
ITリテラシーがなくても使える
RPAツール

業務を直感的に置き換えることができる画面とシナリオ作成で、現場主体の運用をお助け

基本料金内で
RPA導入のためのコンサル支援

RPAツールを導入して、自社のどの業務を自動化するのか?ワークフローの整理、RPA範囲の洗い出しから取り扱い講習まで基本料金内でコンサル担当がついて 、RPA導入の伴走をしてくれます。

代えが効かない基幹システム
と連携させるなら
コストを抑えられる
プログラミング型RPAツール
Automate
(オートメート)
Automate
引用元HP:三和コムテック公式HP
hhttps://product.sct.co.jp/product/automate
豊富な自動起動トリガーと
700項目の自動化機能

豊富なトリガー機能と700項目に及ぶ自動化機能で全自動かつ複雑な処理にも対応可能

珍しい買い切り型で
ランニングコストを大幅削減

買い切り型のツールのため、ライセンス費用が掛からず、1年以上の利用と考えると割安に

個人利用・
小規模で使うなら
基本使用料無料で始められる
プログラミング型RPAツール
マクロマン
マクロマン
引用元HP:マクロマン公式HP
https://www.macroman.jp/
サポートごとに金額が発生する
基本使用料無料のツール

基本使用料は無料で、技術サポートの相談時間に応じて金額が発生。マクロを組めるくらいのスキルがあれば、コストをかけずに利用可能

予約実行も可能な
半自動RPAツール

データ入力、集積・分析、照合、メール、検索などの基本的なRPAに適した業務に対応。タスクスケジューラで半自動的に業務遂行も可能。

【選定条件】
2023年3月9日にGoogle検索にて「RPA」(232件,24ページ)と検索して企業HPが表示される28社の内
ノーコード型RPAツールの中で、唯一基本料金内で導入に関するコンサルティングを明示している「Robo-Pat DX」
プログラミング型RPAツールの中で、唯一公式HP上で買い切り型であることが確認できる「AutoMate」
唯一無料利用が可能な「マクロマン」
を選定しました。